ホッとニュース

  • Check

もりの案内人に25人認定 大玉で交付式

認定を受けた「県もりの案内人」

 森林づくりや森林環境教育などのボランティア指導者「県もりの案内人」の認定書交付式は14日、福島県大玉村のふくしま県民の森・フォレストパークあだたらで行われ、25人が認定を受けた。
 木戸利隆県農林水産部長が「森を大切にする輪を広げてほしい」とあいさつし、森田省一さん(楢葉町)ら1人1人に認定書を手渡した。森田さんは「多くの人に森林の大切さを伝えていく」と決意を述べた。
 認定者は昨年6月から今年1月まで計15日間、森林環境や自然観察、野外活動などの養成講座を受講した。案内人は平成9年度から毎年養成しており368人となった。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧