ホッとニュース

  • Check

愛犬に迷子札 来月から狂犬病予防接種で無料配布

犬の首輪に付けて使用する迷子札

 犬の迷子札配布や適正飼育の普及に取り組むグループ・サークルしっぽ(所在地・福島県塙町)は4月から県内自治体の協力を受け、「狂犬病注射票ホルダー兼迷子札」を狂犬病予防接種の際に無料配布する。現在、1万個を作っている。
 同グループは動物・環境保護団体ALIVEふくしま内の組織。同グループによると、県内では飼い犬に対する鑑札や狂犬病予防接種の際に交付される注射票の装着率が低く、行政が迷い犬を捕獲しても飼い主を特定できず殺処分となることが多い。同グループは処分される犬を減らそうと、迷子札配布を決めた。迷子札は透明な樹脂製。飼い主が注射票を入れて犬の首輪に付けることができる。
 4月から自治体が注射票のデザインを独自に変更できるため一部では装着率向上が期待されるが、同グループは注射票のデザインを変えない自治体を対象に迷子札の配布に協力を求めている。これまでに県南地方を中心に8町村の協力が決まったという。狂犬病予防接種の際に飼い主に配布される。
 問い合わせはサークルしっぽ 電話0247(42)2160へ。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧