ホッとニュース

  • Check

猪苗代で和牛放牧始まる

行列して一般道路を歩きながら放牧地へ向かう牛たち

 福島県猪苗代町の県農業総合センター畜産研究所沼尻分場で飼育している黒毛和牛の季節放牧が19日、同牧場で始まった。
 黒毛和牛約170頭のうち、放牧地では分娩(ぶんべん)予定の和牛約60頭を飼育する。この日は50頭が冬期間過ごした牛舎を出て一般道路を"行列"のように歩き約1キロ離れた牧野へ移動した。
 移動は母成グリーンラインの一部を一時通行止めにして実施。途中で道路脇へ外れそうになる牛を職員らが大声を出しながら追い掛け、放牧地に移した。
 緑の牧野には朝から太陽の光が降り注いだ。牛たちは標高約1000メートルの母成峠の放牧地を駆け回り、牧草をはんだりと元気いっぱいだった。放牧は10月中旬ごろまで行われる。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧