ホッとニュース

  • Check

夫婦3組、念願の結婚式 夢に見た純白ウエディングドレス

【写真】愛の鐘を鳴らす3組の夫婦

 福島県須賀川市翠ケ丘公園内にある「恋人の聖地」で7日、「想(おも)い出のプレゼント企画」としてシビルウエディングが催された。結婚当初、さまざまな事情で結婚式を挙げられなかった3組が結婚を誓約し、幸せを祈った。
 市内のまちづくりグループ「風のある街!すかがわネット倶楽部」がプロポーズの日にちなんで初めて企画し、福島民報社が後援した。臨んだのは渡部哲・まさ子さん夫妻(浅川町)、梅津辰也・裕子さん夫妻(石川町)、吉田誠・幸子さん夫妻(須賀川市)。やむなく結婚式を見送っており、応募した14組の中から選ばれた。
 タキシード、純白のウエディングドレス姿の3組はそれぞれ結婚誓約書を読み上げ「愛の鐘」を鳴らし、永遠の愛を誓った。
 倶楽部代表の内藤祥一さん、ミニスターを務めた会員の大内康広さんが立会人を務め、子どもを含む家族らが祝福した。渡部さんは「妻にドレスをようやく着せることができ、うれしい」と話し、まさ子夫人も感無量の面持ちだった。
 隣接する須賀川グランドホテルでお祝いの会食会も開かれた。3組には倶楽部から羽鳥湖高原レジーナの森(天栄村)の宿泊券が贈られた。須賀川の聖地は平成18年、県内で初めて聖地に認定された。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧