ホッとニュース

  • Check

今年もうまい 福島でりんご試食会

市内産リンゴを食べ比べる参加者たち

 今年の福島市産のリンゴを味わう「体験・福島の味覚 りんご試食会」は15日、同市のホテル辰巳屋で開かれた。
 福島りんご新品種試作会が消費者の意見を新品種開発に生かそうと毎年催しており21回目。市内の行政、観光、農業関係者ら約100人が参加した。大槻善治会長と瀬戸孝則市長が「丹精込めて育てたリンゴの出来栄えを味わってほしい」などとあいさつした。
 最新品種の「緋のあづま」や「ほおずり」「陽光」「シナノゴールド」など7品種がテーブルに並べられ、出席者が順番に甘さなどを確かめていた。
 県農業総合センター果樹研究所によると、今年は秋口に涼しい日が多かったことから着色と糖度は良好だという。主力の「ふじ」は11月から収穫が本格化する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧