ホッとニュース

  • Check

最先端の青紫 耶麻農高のカーネーション栽培

青紫色の花を付けたムーンダスト

 福島県喜多方市山都町の耶麻農高が国内初の栽培に取り組んでいる青色系カーネーション「ムーンダスト」が23日、花を咲かせた。幾重にも広がる花びらが幻想的な色合いを見せている。
 ムーンダストはサントリーフラワーズ(東京)などが平成7年に世界で初めて開発。ペチュニアの青い色素を合成する遺伝子を取り出し、カーネーションに組み込む最先端遺伝子技術で誕生した。同校生徒や市の要望を受けた同社が7月、国の許可を得て学習用としてさし穂30本を贈った。このうち1本が淡い色合いの花を咲かせた。1週間程度は花を付けているという。
 ほかのムーンダストも8割が成長しており、1カ月程度で徐々に花を咲かせる予定。栽培に携わる産業技術科草花専攻佐藤涼子さん(3年)は「咲いてくれて安心した」と笑顔を見せた。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧