ホッとニュース

  • Check

わが輩は歌手だニャン ネコの駅長がCDデビュー

CDデビューが決まり、会見に臨む「ばす」ら

 福島県の会津鉄道芦ノ牧温泉駅の名誉駅長ネコ「ばす」がCDデビューする。3日に同駅で記者会見、公開レコーディングを行い、「ニャー」と歌声を吹き込んだ。知名度が高い"大型新人"が今度は声で会津鉄道の魅力を全国に発信する。
 ばすは会津を拠点に活動するナスカ、市内の小学生「エマ&シホ」とのユニット「ニャスカ」としてデビューする。曲のタイトルは「ばすのウタ」。会津若松市出身の石原信一さんが詞、飯盛正徳さんが曲を手掛けた。ミドルテンポの親しみやすい曲で、歌詞の合間などにばすの歌声が入る。
 レコーディングに臨んだばすは、多くのカメラに囲まれ緊張気味。マイクを向けられても歌声を出し惜しみしていたが、時折「ニャー」と美声を披露した。透き通るような鳴き声に飯盛さんは「良い音がとれた」と満足げだった。
 発売は12月20日で、記念ライブも予定している。小林美智子駅長は「売れるといいニャ。買ってニャー」とばすの思いを代弁。石原さんは「デジタル配信も行い、会津鉄道の活性化につなげたい」と話している。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧