ホッとニュース

  • Check

プライベートジェット機で太平洋単独横断へ

太平洋横断に挑む同型機の模型を手に抱負を語る今野さん

 福島県郡山市にある今野貴石社長の今野正道さん(69)は10日、プライベートジェット機による太平洋単独横断に出発する。仙台空港-米・ロングビーチを延べ17時間でフライトする計画だ。
 今野さんは平成6年に日本人初で単発プロペラ機による世界一周を果たしたほか、7年に今回とは別のジェット機で大西洋回りによる米国-福島空港間を達成している。
 今回のルートは、ジェット機で未飛行区間となっている太平洋回りの米国-東北地方間で、仙台空港を離陸後、ペトロハバロフスク(ロシア)、アンカレジ(米・アラスカ州)、シアトルを経てロングビーチに入る。途中、給油や休息で2泊するが9300キロを計17時間で飛ぶ。偏西風の強さやコース取りなど精密な気象分析で通常より3時間ほど短縮できると見込んでいる。
 今野さんをはじめナビゲーターなど最大で3人が搭乗する予定だが、操縦かんを握るのは今野さん1人。「年齢を考慮すると今やらなければ悔いが残る。あこがれを自分の人生に形として残しておきたい。最後の冒険のつもりで万全を期す」と話している。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧