ホッとニュース

  • Check

鶴ケ城に甲冑姿のサムライ登場 観光案内や記念撮影に応じる

甲冑姿のサムライが登場した鶴ケ城の天守閣

 福島県会津若松市が県の緊急雇用創出基金を活用した甲冑(かっちゅう)姿の"サムライ"が3日、鶴ケ城に登場した。3月末まで天守閣二層部分を中心に案内役を務め、城の魅力アップを目指す。
 市は「鶴ケ城サムライ演出事業」として3カ月間、20~30代の男女計3人を雇用。常時2人体制で、観光案内や記念撮影に応じるなど、観光客に歴史的な雰囲気を体感してもらう。
 冬場は入場者数が落ち込むことから、インパクトのある甲冑姿で誘客の底上げを狙う。サムライ姿に扮(ふん)する斎藤香織さん(24)は「会津のために頑張りたい」と話している。
 今年は天守閣の赤瓦へのふき替えや外壁の塗り替えに着手する。作業用足場で外観が見えなくなる時期が出ることから、サムライ演出はこれをカバーする目的もある。
 天守閣内博物館の企画展も充実させる方針で、菅家一郎市長は「3人のお侍さんの活躍で観光活性化につなげたい」と期待している。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧