ホッとニュース

  • Check

オットセイ「とよちゃん」永遠に はく製 いわきで4月から公開

はく製になったオットセイの「とよちゃん」

 昨年4月に福島県いわき市の海岸で保護された後に死んだオットセイの「とよちゃん」がはく製になり公開される。アクアマリンふくしまが4月1日に小名浜漁港東魚市場にオープンする子ども漁業博物館「うおのぞき」に展示する。
 豊間漁港近くの岩場で見つかり地域住民から「とよちゃん」の愛称が付けられた。北オットセイの雄で、保護された時には既に衰弱しており、間もなく死んだ。アクアマリンで初めてオットセイをはく製にした。
 博物館には、平成15年に豊間海岸に打ち上げられたアカボウクジラの全身骨格標本も展示される。アクアマリンによると、全身骨格標本の展示は国内で初めて。現在、標本が組み立てられており、大きさは4メートルほどになる。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧