ホッとニュース

2010年4月アーカイブ

矢祭の水道水でアイスコーヒー 専門店が商品化

八溝山系のおいしい水で商品化された「やまつりの冷んやり珈琲」
 福島県矢祭町小田川のコーヒー専門店「珈琲香坊」は、地元の八溝山系の水道水を使った持ち帰り用アイスコーヒー「やまつりの冷んやり珈琲」を商品化した。地元の水道水で開発されたアイスコーヒーは県内初という。同商品は県経営革新計画の承認を受けた。  矢祭のお...[記事全文

カテゴリー:びっくり

むつ市の新鮮魚介販売へ 道の駅ばんだい

海産加工物や乾物など、むつ市のアンテナショップで販売される商品を手に取る道の駅ばんだいの関係者
 福島県磐梯町の県道猪苗代-塩川線沿いにある「道の駅ばんだい」は29日から、施設内に青森県むつ市の海産物などを販売するアンテナショップを常設し、新鮮な陸奥湾ホタテや大間産マグロなどを販売する。  むつ市は戊辰戦争に敗れた会津藩士が移封された斗南藩ゆか...[記事全文

カテゴリー:なるほど

船引で「お人形様の衣替え」 無病息災を祈願

地域の安全を願って衣替えされたお人形様=田村市船引町屋形
 福島県田村市の伝統行事「お人形様の衣替え」は25日、市内船引町屋形地区で行われた。地域住民がお人形様の全身を「新調」して今年1年の地域の安全や家族の無病息災を願った。  住民約40人が参加した。お人形様の顔の化粧を塗り直し、髪の毛の杉の葉の取り替え...[記事全文

カテゴリー:びっくり

お城バックに「パチリ」 鶴ケ城でモデル大撮影会

雪が残る城内で、ベストショットを狙ってモデルにカメラを向ける参加者
 福島民報鶴ケ城大撮影会は18日、福島県会津若松市の鶴ケ城本丸周辺で開かれた。  福島民報社、市観光公社の主催。市、会津若松観光物産協会、会津若松商工会議所、富士フイルム東北エリアの後援、リオン・ドールコーポレーション、鶴ケ城会館の協賛、花春酒造の協...[記事全文

カテゴリー:可愛い

会津なまり科学的に解明 会津大卒業生「い」と「え」の舌の動き関係と研究

研究を手掛けた(左端から)坂本さん、金子准教授、ウィルソン上級准教授、山内准教授
 今春、会津大を卒業した坂本通治さん(22)は会津なまりの特徴を科学的に解析した。只見、金山両町など会津の一部で「イチゴ」を「エチゴ」と発音するなど「い」が「え」になる会津独特の特徴をコンピューターを使って分析し、発声と舌の関係を解き明かした。研究成...[記事全文

カテゴリー:なるほど

西田敏行さんが案内役 古里・郡山市の市紹介映像ソフトに登場

ソフトに登場し、郡山の魅力を紹介する西田さん
 福島県郡山市は16日、同市出身で市フロンティア大使の俳優西田敏行さんを起用した市政紹介映像ソフトが完成したと発表した。西田さんが実際に登場し、映像のナレーション役を務めている。17日午前零時から市ウェブサイト上で公開し、郡山の魅力を全国に発信する。...[記事全文

カテゴリー:なるほど

観光客に、福島のうまい水提供 花見山

 福島市水道局は13日までに、市内の花見山ウオーキングトレイル駐車場に臨時水飲み場を設置し、観光客に「おいしい福島の水」をPRしている。  観光客からは「これが福島の水なんだ」と好評を集めており、ペットボトルに詰めて持ち帰る姿も見られるという。設置期...[記事全文

カテゴリー:なるほど

今春、1歳早く大学院へ 会津大初の飛び入学 佐藤慎さん

周囲よりも1歳早く学位記を受けた佐藤さん
 福島県の会津大で初めて飛び入学した佐藤慎さん(21)は今春、同大大学院に進んだ。周囲より1歳若いが「年齢は関係ないので、悔いのないように勉強したい」と意欲を燃やしている。  佐藤さんは仙台市出身。平成18年4月に仙台育英高から会津大に飛び入学した...[記事全文

カテゴリー:なるほど

魅惑の琥珀一堂に 郡山うすいで13日まで展示会

13日まで開かれている「魅惑の大琥珀展」
 岩手県の久慈琥珀(こはく)博物館の「魅惑の大琥珀展」は7日、福島県郡山市のうすい百貨店1階中央ホールで開幕した。13日まで。  ロシアの女帝エカテリーナ二世の生誕280周年を記念した特別展。ロシア国立エカテリーナ宮殿博物館が所蔵している「はとの宝石...[記事全文

カテゴリー:びっくり

女児18人があでやかな舞 南須釜の念仏踊り

色鮮やかな着物姿で念仏踊りを披露する子どもたち
 福島県重要無形民俗文化財の「南須釜の念仏踊り」は3日、玉川村南須釜の東福寺境内で行われ、鮮やかな着物を身に着けた女児が舞を披露した。  今年演じた女児はすがま幼稚園と須釜小の18人。おしろいで化粧し、花がさや手っ甲、脚半、白足袋を身にまとって登場し...[記事全文

カテゴリー:可愛い

1