ホッとニュース

  • Check

今春、1歳早く大学院へ 会津大初の飛び入学 佐藤慎さん

周囲よりも1歳早く学位記を受けた佐藤さん

 福島県の会津大で初めて飛び入学した佐藤慎さん(21)は今春、同大大学院に進んだ。周囲より1歳若いが「年齢は関係ないので、悔いのないように勉強したい」と意欲を燃やしている。
 佐藤さんは仙台市出身。平成18年4月に仙台育英高から会津大に飛び入学した。高校時代から興味のあったコンピューター分野で「早く自分の好きな勉強をしたい」との思いからだった。入学当初は周囲に飛び入学生というのを隠していたという。特別扱いされるのを心配したためだったが、周囲に驚かれるのは最初だけだった。年齢は関係なく、普通の学生と変わらない4年間を過ごした。
 中高一貫教育校で学び、高校2年修了時には3年分の勉強を終えていたため、大学入学後に飛び入学を不利に感じることはなかったという。飛び入学は高校中退扱いとなるため、大学卒業までは重圧もあった。もし、大学を卒業できなければ、学歴は中卒。飛び入学生第1号として、勉強には力が入ったという。
 大学院では、画像処理などを研究する。将来は未定だが「何でもできるようにしっかりと勉強したい」と気を引き締める。飛び入学希望者には「高校を卒業できないというデメリットも覚悟した上で挑戦してほしい」とエールを送る。
 会津大の飛び入学は平成18年度から始まった。これまでに佐藤さんを含め、3人が実現している。17歳で大学生となるため「深夜のバイトができない」「履歴書をどのように書けばいいのか悩む」などの悩みもあるという。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧