ホッとニュース

  • Check

親子で仕上げ、盆ちょうちん 二本松

盆ちょうちんの仕上げ作業に追われる浅倉さん親子

 福島県二本松市の江戸中期から続く、ちょうちん製造の老舗「浅倉提燈店」で新盆の家には欠かせない盆ちょうちんの製作が最盛期を迎えている。
 八代目の浅倉祐二さん(58)と妻の春子さん(51)、長男の大輔さん(25)が連日、夜遅くまで仕上げ作業に追われている。注文を受けた家紋や故人の戒名を手書きで書き入れ、飾りを付ける。
 祐二さんは「丸みのあるちょうちんの絵付けは難しい」と話し、熟練の技で筆を入れる。今年は秋草の絵入りちょうちんが人気だという。作業は八月上旬まで続く。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧