ホッとニュース

  • Check

17日から企画展「胸さわぎの夏休み」 県立美術館にユーモアアートなど展示

企画展「胸さわぎの夏休み」展の開幕を前に開かれた内覧会

 県立美術館の企画展「胸さわぎの夏休み」展は17日から福島市の同美術館で開かれる。開幕に先立ち16日、内覧会とレセプションが催された。
 出品作家は、言葉による独自の作品を制作するイチハラヒロコさん、演劇性の強い写真や映像作品に取り組むやなぎみわさん、奇想天外な機械彫刻を作り出すヤノベケンジさん、ユーモアあふれるアートを実践する小沢剛さんの4人。
 いずれも世界的に活躍する作家で、今の時代や社会に対するさまざまなメッセージが込められた作品が並ぶ。
 内覧会には出品作家のやなぎさん、小沢さんが参加した。同美術館の酒井哲朗館長、県立美術館協力会の花田勗理事長(福島民報社取締役相談役)、やなぎさん、小沢さん、企画展を助成する資生堂企業文化部の山内美根子さんがテープカットした。
 会期は8月29日まで。7月19日を除く毎週月曜日と7月20日は休館となる。時間は午前9時半から午後5時まで。観覧料は一般・大学生600円、高校生300円、小・中学生200円。問い合わせは同美術館024(531)5511へ。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧