ホッとニュース

  • Check

昭和3年発売の「電気扇」、文化祭で展示

 福島県伊達市保原町の大田地区で昭和3年発売の扇風機が見つかり、地区文化祭に展示された。当時は「電気扇」と呼ばれた"最先端"の冷房器具だった。
 大田文化財研究会が今年、暖房と冷房の歴史について調査を進め、発見した。12インチ、4枚羽根の芝浦製作所製で、現在東芝科学館に所蔵されているのと同じ貴重品。定価は32円で、当時としては目をむくような値段だったようだ。
 風変わりな木製の手回し扇風機も展示された。訪れた地区の住民は「金持ちの家があったんだナイ」と感心しながら見入っていた。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧