ホッとニュース

  • Check

古関メロディー会場包む 福島で市民参加型の記念音楽祭

市民音楽団体が演奏を披露したステージ

 福島市出身の作曲家古関裕而さんを顕彰する記念音楽祭は14日、市音楽堂で開かれ、不朽の古関メロディーが会場を包み観客を魅了した。
 実行委員会、市、市教委の主催、市振興公社の共催。「うたい継ごう!古関メロディー」をテーマに県内外から約1000人が訪れた。
 今年から市民参加型に替え、第1部には合唱やハーモニカなど13団体が出演したほか、福島一中合唱部と福島商業高吹奏楽部が賛助出演。「栄冠は君に輝く」や「高原列車は行く」など名曲の数々を披露した。
 第2部ではシンガー・ソングライターのEPO(エポ)さんが福島市民オーケストラの伴奏で古関さんの「愛国の花」などを歌った。最後は会場全員で「長崎の鐘」を合唱した。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧