ホッとニュース

  • Check

低炭素社会実現へ共同宣言 県と日産自動車

宣言書を取り交わした佐藤知事(左)と川口常務執行役員

 福島県と日産自動車は17日、「低炭素社会の実現に向けた共同宣言」を出した。電気自動車(EV)の普及、地域産業の振興、人材育成などに連携して取り組む。県庁で佐藤雄平知事、同社の川口均常務執行役員が宣言書を取り交わした。
 佐藤知事は宣言書に署名し、「次世代自動車分野に対応できる企業や人材の育成に取り組み、関連産業の振興を図る」と、低炭素社会づくりを推進する考えを述べた。川口常務執行役員は「電気自動車の普及、人材育成、自治体や産業界との連携について具体策を検討する」と語った。
 共同宣言に基づき、県はリーフを活用し、県内企業を対象としたセミナーなどに取り組む。セミナーには同社が技術者を派遣する。
 県が購入した同社の電気自動車(EV)「リーフ」の納車式も行った。納車式では金子與志人福島日産自動車社長が佐藤知事に県内第1号のリーフを引き渡した。日産自動車マーケティング本部の島田哲夫マーケティング・ダイレクターらが出席した。県は県庁敷地内に電気自動車用急速充電器を設置する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧