ホッとニュース

  • Check

NYに響く日本、福島の「心」 音楽祭2日目

日本の歌の魅力を伝えた青山さん(左)と西川さん(photo:Ken Howard)

 日本の音楽を米国に紹介しているミュージック・フロム・ジャパン(MFJ)の音楽祭は2日目の13日(現地時間)、米ニューヨークのバルーク公演芸術センターで「日本人の心を歌う」と題したステージを繰り広げた。
 声楽家の青山恵子さんがピアノ奏者塚田佳男さんの伴奏で日本の童謡から現代の歌まで幅広く紹介した。MFJの委嘱作品「満月の夜に」をフルート・しの笛・能管奏者の西川浩平さんと一緒に披露した。
 演奏終了後、フォーラムが開かれ、来場者から「日本語が分からなくても日本の歌曲は十分に私たちの心に響いた」との感想が寄せられた。
 福島市から遠征中のMFJ理事長兼芸術監督の三浦尚之福島学院大教授は「来場者の反応を見て、今回の企画が成功したと確信した」と話した。
 16日にはワシントンのスミソニアン・フリーア美術館でも公演する。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧