ホッとニュース

2011年4月アーカイブ

県八重洲観光交流館にぎわう

福島を応援しようと大勢の買い物客が訪れている東京・八重洲の県八重洲観光交流館=2日午前11時45分ごろ
 東京・八重洲で県内の特産品や観光情報を発信している県八重洲観光交流館が連日盛況だ。「福島を応援しよう」と大勢の買い物客が訪れ、売り上げは通常の約4倍になっている。  2日は週末のため、八重洲のオフィス街は静まり返ったが、交流館は終日にぎわった。昼...[記事全文

カテゴリー:響く

萩市から若松に支援物資

萩市からの支援物資を会津若松市の集積所に運び入れるボランティア
 山口県萩市は2日、被災者が多く避難している会津若松市に十四トントラックいっぱいの救援物資と義援金2200万円を届けた。戊辰戦争で敵味方に分かれた地だが、菅家一郎会津若松市長は「国難を共に乗り越えたい」と感謝した。  震災後に野村興児萩市長が電話で...[記事全文

カテゴリー:響く

いわき市民にカレー振る舞う 在日ネパール人の30人

ネパールカレーの炊き出しを受ける市民
 在日ネパール人の有志30人が1日、福島県いわき市のいわき明星大で周辺住民に約1200食のネパールカレーを提供した。  来日15年のギリ・ラムさん(39)らが中心となり在日のネパール人に善意を募って食材を購入、断水が続き風評被害にも悩まされている市民...[記事全文

カテゴリー:響く

コープふくしま、2日に南相馬で移動販売

桜井市長に目録を手渡す野中専務理事(中央)。右は加藤専務理事補佐
 生活協同組合コープふくしまは2日午前11時から、屋内退避区域となっている福島県南相馬市原町区の道の駅「南相馬」で移動販売を行う。30日、野中俊吉専務理事が市役所を訪れ、桜井勝延市長に報告した。  インスタント麺やレトルトカレー、豆腐、納豆など合わ...[記事全文

カテゴリー:なるほど