ホッとニュース

  • Check

スカイラインが5カ月ぶり再開通

残雪の合間を縫うように山岳ドライブを楽しむ車=28日午前10時32分、浄土平付近

 磐梯吾妻スカイライン(福島市、猪苗代町)が28日、5カ月ぶりに再開通し、山岳道路に観光客の声が響いた。
 再開通式は高湯ゲート側で行われた。遠藤光一県土木部次長、佐藤邦茂県観光物産交流協会副理事長らがテープカットし、車列のドライバーの協力でくす玉を割った。
 一番乗りを果たした南相馬市小高区の杉本隆治さん(71)には花束や雪うさぎ夫婦茶わんが贈られた。杉本さんは原発事故で福島市高湯の花月ハイランドへ3週間前から避難している。
 式が終わると待ちかねた車が次々と全長28.7キロのコースに入った。雪の回廊は高さが3メートル前後あり、ドライバーの目を楽しませていた。
 スカイラインは震災の影響で除雪用重機が燃料不足などとなり、20日遅れの再開通となった。避難者は8月末まで通行無料となる。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧