ホッとニュース

  • Check

ペンギンの子どもが歓迎 二本松のサファリパーク

来場者を歓迎し子どもたちの人気を集める2羽のケープペンギン=二本松市・東北サファリパーク

 ゴールデンウイークの行楽客でにぎわう福島県二本松市の東北サファリパーク(熊久保勅夫社長)で、ペンギンの子2羽が来場者を歓迎し話題を呼んでいる。
 アフリカ原産のケープペンギン。同じ親の卵からかえり、5カ月で体長30センチほどに成長した。雌雄の判別はまだだが「小林さん」「力石さん」と名付けられた。
 普段はアザラシ・ペンギン館にいるが、6日までの連休中は午前9時半から30分間、サル劇場前で飼育員と共に客を迎える。訪れた子どもたちが頭をなでたり、羽の先にそっと触れ「握手したよ」と歓声を上げたりして、人気者になっている。
 7日以降は午後零時半に出迎える予定。問い合わせは東北サファリパーク 電話0243(24)2336へ。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧