ホッとニュース

  • Check

相馬流れ山踊り勇壮に 鹿島の女子が本番へ練習

28日の本番に向けて練習に励む鹿島中の生徒

 相馬野馬追を前に、福島県南相馬市鹿島区の北郷本陣などで披露される相馬流れ山踊りの合同練習は25日、区内の万葉ふれあいセンターで開かれた。本番同様に陣がさ、陣羽織を身に着けた中学生らが息を合わせた。
 昨年は原発事故の影響で、中学生は参加を見合わせた。2年ぶりに参加した鹿島中2年の女子生徒32人は鹿島区相馬流れ山踊り伝承保存会員18人と一緒に練習に臨んだ。
 保存会の斎藤弘伸会長らが指導し、民謡「相馬流れ山」に合わせ勇壮な舞を披露した。生徒らは軍扇や柄杓(ひしゃく)を手に緊張感を持った所作を見せた。
 鹿島中2年の浅間由貴さん(13)は「足運びが難しいけれど、本番にはちゃんと踊れるようになりたい」と意気込んでいた。28日午前11時から北郷本陣前で演じられる。

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧