ホッとニュース

  • Check

萌えキャラ「八重」登場

“萌えキャラクター”の「八重」

 会津の地場産品などを扱うネットショップを運営している福島県会津若松市の「アレック」は、NHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公・新島八重をモチーフにした"萌えキャラクター"の「八重」を作った。2日に宇都宮市で開かれた「第3回ご当地萌えキャラまつり」では、「萌えの桜」と題して「八重」をデザインした絵ろうそくなどを販売。全国から集まった"萌キャラ"ファンにも好評だったという。
 来年1月のドラマ放映開始に向け、八重の知名度を上げ、県内外に八重の功績などをPRしようと企画した。原画は福島県在住の漫画家・荒井チェリーさんが担当した。
 アレックの佐藤哲也代表は4日、市役所で室井照平市長にイベントの盛況ぶりを報告。販売したグッズの収益金3万2500円を市に寄付した。今後も各種イベントでグッズを販売し、収益の一部を寄付する予定だ。
 佐藤代表は「(イベントに参加し)萌えキャラの人気の高さを実感した。『ご当地萌えキャラ』として、会津の観光復興の起爆剤になってほしい」と話している。
 商品などの問い合わせはアレック 電話0242(23)4005へ。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧