ホッとニュース

  • Check

蒔絵の年賀状

 蒔絵(まきえ)を使った年賀状作りが福島県会津若松市の関漆器店蒔絵デザイン室でピークを迎え、豪華な模様が輝きを放っている。
 年賀はがきが発売された1日に作業を始めた。社員が何種類もの版で色や模様を付け、仕上げに金粉や銀粉をまく作業を慎重に行っている。
 来年のえとの巳や起き上がり小法師(こぼし)、八重の桜など5種類。社長の関盛夫さんは「1年を明るく過ごしてもらえれば。大切な人に送ってほしい」とお薦めしている。

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧