ホッとニュース

  • Check

八重のさくら膳が登場

 福島県会津若松市門田町の古民家レストラン独鈷(どっこ)で、明治時代に作られた会津塗のおわんを使ったメニュー「八重のさくら膳」が注目されている。
 黒い器をご飯、赤い器は吸い物用にし、地元食材をふんだんに使った料理とともに提供している。少し形のゆがみや色あせがあるところに歴史を感じさせる。
 市内にあった料亭で実際に使われていたという。オーナーの独鈷雅司さんは「歳月を重ねてにじみ出る美しさがある。舌でも目でも味わい十分のメニュー」と勧めている。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧