ホッとニュース

  • Check

モモたわわに 梁川のハウスで収穫

ハウス内で色づいたモモの収穫に追われる加藤さん夫婦

 伊達市梁川町粟野の果樹農家加藤和雄さん(64)方で、ハウス栽培のモモの収穫作業が始まった。東京電力福島第一原発事故の影響で一時落ち込んだ価格は回復傾向で、既に予約も入っている。
 甘い香りが漂うハウス内で、加藤さんと妻みつ子さん(63)が早朝から「はつひめ」「日川白鳳」の実を丁寧に収穫している。
 今年は冬から春にかけての寒さで生育の遅れが心配されたが、色づきが良く、甘味も十分だという。放射性物質検査結果では昨年同様、放射性セシウムは検出されていない。
 加藤さんは「消費者からの励ましの言葉も届き、県産モモの先発役を果たしたい」と張り切っている。
 収穫は6月中旬まで続き、県内をはじめ東北、関東方面に出荷される。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧