ホッとニュース

  • Check

「きぼう」青森で子づくりへ アクアマリンのゴマフアザラシ

アクアマリンから搬出される「きぼう

 福島県いわき市小名浜のアクアマリンふくしまは17日、雄のゴマフアザラシ「きぼう」を、繁殖を目的に青森県の浅虫水族館に向けて搬出、同日午後到着した。
 「きぼう」は東日本大震災後、避難先の鴨川シーワールド(千葉県)で父親の「ユキナ」と母親の「くらら」の間に誕生。約3カ月後の7月15日に再開した同館で展示され、新たなアイドルとして人気を集めていた。
 今回の搬出は、水族館の間で動物を貸し借りする「ブリーディングローン」の一環で行われた。
 浅虫水族館には雌のゴマフアザラシ3頭がおり、アクアマリンふくしま飼育技師の日比野麻衣さんは「『きぼう二世』の知らせを楽しみにしています」と目を細めて見送った。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧