ホッとニュース

  • Check

チョウザメのキャビア

 福島県伊達市保原町の管工事業志賀正文さんは15日、市内のスカイパレスに知人の料理人を招き、自ら飼育したチョウザメのキャビアを採取した。
 養殖池から体長150センチのメスを捕り出した。18日に開く保原ロータリークラブのクリスマス家族会で、高級食材を堪能してもらう。
 腹に包丁を入れると、濃緑色の卵の塊約5キロが現れた。売れば、かなりの高値が付くとの話に見学者は目が「覚め」た様子。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧