ホッとニュース

  • Check

雪路の研修会

 福島県内の観光バス事業者らでつくる県バス事業者促進協力会の「雪道の事故防止対策と安全運転研修会」は13日、猪苗代町のレイクサイド磐光で開かれた。
 13事業所から運転手ら42人が参加した。凍結した路面で急制動をかけた場合の停止の違いなどを学んだほか、タイヤチェーンの着脱手順などを確認した。
 「雪道では急発進、急ハンドルをしないことが重要だが、運転にゆとりを持つことも大事」と会長の藤田伸治さん。心のブレーキの大切さも訴えた。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧