ホッとニュース

  • Check

古里国見の魅力再発見 初のルネサンス祭で和楽器、神楽

町の伝統芸能などが披露された国見ルネサンス

 福島県国見町の魅力を再発見する初のイベント「国見ルネサンス2014~復興・絆・ふるさと祭~」は1日、町観月台文化センター体育館で開かれた。
 実行委員会の主催。午前中は町内の古典鑑賞会の和楽器演奏、内谷春日神社太々神楽の上演、県文化功労賞受賞者の内池和子さんの詩の朗読などが繰り広げられた。
 午後は錦町太鼓保存会・愛宕陣太鼓連響風組の太鼓競演、女性デュオ「花音」のライブなどが催された。福島民報社が委嘱した「うつくしま復興大使」の志村瞭太君(県北中3年)が復興メッセージを読み上げ、「東日本大震災で得た教訓を引き継ぎます」などと宣言した。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧