ホッとニュース

  • Check

飯舘村民の一閑張り展示

拡張した展示スペースに並んだ一閑張りの作品

 環境省福島環境再生事務所と県は平成26年8月25日、福島市の除染情報プラザの展示スペースを拡張した。新たなスペースでは平成26年10月末まで、飯舘村民らが避難先で作った一閑(いっかん)張りの作品を展示している。
 地域住民との交流の場としての機能を高めるのが狙い。従来の展示スペースを拡張し、住民らが作品展などを開けるようにした。
 展示している一閑張りの作品は「やまゆりの会」の会員が制作した。やまゆりの会は、東京電力福島第一原発事故に伴い福島市の松川第2仮設住宅で避難生活を送る飯舘村民らが活動している。
 初日はオープニングセレモニーも行われ、早水輝好環境省審議官、鈴木一夫県環境回復推進監、菅野典雄飯舘村長らが出席した。

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧