ホッとニュース

  • Check

ネコの人形で縁日風景再現

 福島県喜多方市などで平成26年10月13日まで開かれている「蔵のまちアートぶらりー」に合わせ、市内の木之本漆器店はキリの粉を使い作ったネコの人形で縁日風景を再現している。
 「喜多方の夏祭り」がテーマ。100体のネコが神社の前でみこしを担ぎ出店を出すなど、にぎやかな夏の夜を表現した。
 制作にはスタッフ総出で約1カ月かかった。漆器店代表の遠藤久美さんは「ネコの手も借りたいくらいの忙しさだったが、なんとか完成しました」と、ほっとしている。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧