ホッとニュース

  • Check

すしざんまい 南相馬仮設でマグロ解体ショー

住民注目の中、マグロに包丁を入れる木村社長(左)

 東京・築地の初競り風景などでおなじみのすしチェーン「すしざんまい」を経営する喜代村(東京都中央区)が8日、福島県南相馬市原町区の牛越仮設住宅に240キロもある本マグロを運び込み、豪快な解体ショーとにぎりずしで住民を喜ばせた。
 同社の13周年大感謝祭の抽選会で、特定避難勧奨地点の原町区馬場から同仮設住宅に避難している三浦たか子さん(61)が当選し、北太平洋産の本マグロがプレゼントされた。
 同社から約20人が訪れ、木村清社長自ら何本もの包丁を使い分けマグロを解体。手際良く切り分けられていく様子に、集まった住民は歓声と拍手を繰り返した。さくに切り分けると、職人が早速握り、赤身、中とろ、大とろの三貫ずつを住民に提供した。住民は頬を膨らませながら「おいしい。元気になる」と喜んだ。
 三浦さんは「びっくりもびっくり。まさか来てくれるとは思わなかった。仮設の皆さんに喜んでもらえてうれしい」と話した。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧