ホッとニュース

2014年12月アーカイブ

古里思い門松制作 楢葉の広徳院

町民の健康と町の復興を願う猪狩さん(左)ら
 特例宿泊が始まった楢葉町の広徳院で26日、新年に備えて檀信徒(だんしんと)らが大掃除やしめ縄飾りを行った。  檀信徒約10人がすす払いやごみ拾いをして清めた後、高さ約2メートルの門松二対を飾った。門松は、同町からいわき市の仮設住宅に避難している猪狩...[記事全文

カテゴリー:響く

道の駅ならはに激励の歌声

 沖縄県出身のソプラノ歌手宮良多鶴子さんは22日、楢葉町の道の駅ならはに臨時庁舎を置く双葉署を訪れ、署員を激励した。  昨年に続いて2度目の慰問活動。宮良さんは「花は咲く」「ホワイトクリスマス」など数曲を披露した。自身が長年取り組む東ティモールでの支...[記事全文

カテゴリー:響く

ホリプログランプリの生田若菜さん(福島県出身) 芸名「栞菜智世」に

栞菜智世さん
 芸能オーディションの第39回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝いた福島県出身で女子大3年の生田若菜さん(20)=神奈川県在住=の芸名が、「栞菜智世(かんな・ちせ)」に決まった。キャラバンを主催したホリプロが22日発表した。  具体的...[記事全文

カテゴリー:可愛い

お菓子のクリスマスブーツありがとう 滋賀から伊達の子どもに届く

滋賀県草津市から届いたクリスマスブーツに大喜びの子どもたち
 お菓子が詰まった「クリスマスブーツ」発祥の地・滋賀県草津市から福島県伊達市の子どもたちにクリスマスブーツ300個が届いた。  平成26年11月に両市が友好交流都市協定を締結したのを受け、草津駅西口商店街(福井清会長)が「被災地の子どもたちのために」...[記事全文

カテゴリー:なるほど

サンタだるま

 郡山市西田町の高柴デコ屋敷の民芸店・彦治民芸は、クリスマスを前に「サンタだるま」を発売した。  同店11代目の橋本大介さんが定番商品のだるまの型に着目。赤い衣装や丸みのあるシルエットが似ている「冬の人気者」作りに挑戦した。  大小2種類がある。ひげ...[記事全文

カテゴリー:可愛い

福島空港をウルトラマン空港に 県が検討

 県は東日本大震災からの復興、観光誘客の一環として、福島空港の愛称を「ウルトラマン空港」とすることについて本格的な検討に入る。県民や地元市町村の意見、著作権などの課題を踏まえ判断する。柳沼議員の質問に五十嵐照憲観光交流局長が明らかにした。  同空港が...[記事全文

カテゴリー:びっくり

地域の宝 児童見守る

児童のため交通整理をする長谷川巡査部長(左)
 「おはようございます」。子どもたちの元気な声が響く。福島県喜多方署塩川駐在所の長谷川弘行巡査部長(59)が笑顔を返す。  赴任して3年。出勤前に登校する駒形小児童を見守ってきた。雪で足元が滑りやすい冬は、転ばないよう特に気を配る。学校生活を楽しく送...[記事全文

カテゴリー:響く

安全マスコットお披露目 富岡地区安管協

初めてお披露目された「まもる」君(左)と「ひとみ」ちゃん。中央は水島会長
 双葉署の年末年始における事件事故防止活動の出動式は平成26年12月10日、広野町の広野小で行われ、双葉郡の安全と安心を守る富岡地区安全運転管理者協会のマスコットキャラクター「佐藤まもる」君と「佐藤ひとみ」ちゃんが初めてお披露目された。  同安管協の...[記事全文

カテゴリー:可愛い

クリスマスカード被災地に 飯舘の小学生に180枚 中央大の田中名誉教授

八巻教育長(中央)にクリスマスカードを届けた田中名誉教授(右)と杉原事務局長
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地にある小学校にクリスマスカードを贈る取り組みが8日、始まった。実施している田中拓男中央大名誉教授が初日、福島県川俣町に移転した飯舘村の草野・飯樋・臼石合同仮設小を訪れ、八巻義徳村教育長にクリスマスカード...[記事全文

カテゴリー:響く

クリスマスにちなむ生け花

 クリスマスにちなんだ生け花が二本松市役所入り口に展示され、市民の目を楽しませている。平成26年12月25日まで。  市内で草月流の二本松華道教室を主宰する由沙泉愁(本名・遊佐サダ子)さんが、生徒らと作った。プラスチック製の容器にクリスマスツリーの雰...[記事全文

カテゴリー:可愛い