ホッとニュース

  • Check

「復興ワイン」発売 ラベルに東北の地図

宇津木さん(左)らが思いを込めて造ったワインを味わう市民

 東日本大震災から4年となる平成27年3月11日、ワインを扱う東北6県の飲食店主の有志が「震災の記憶を風化させない」との願いを込めて醸造した赤ワイン「ヴァン・ド・みちのく」の販売が全国200店以上の飲食店と酒店で始まった。
 「ヴァン・ド・みちのく」の材料には東北6県のブドウを使用した。酸化防止剤などは使わず天然酵母で発酵させるなど、手間暇かけて醸造した。ラベルには東北の地図をかたどり、約2400本を用意した。
 福島市のワインバー「レガレット」では材料のブドウ集めに奔走した店主の宇津木政人さん(45)が来店者にワインができた経緯を説明し、栓を抜いた。
 福島市の会社員横山枝梨さん(23)は「人と人のつながりや、造った人の思いを感じる優しい味がする」と静かにグラスを傾けていた。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧