ホッとニュース

  • Check

「花たまご」で観光客歓迎 飯坂温泉駅前にオブジェ ふくしまDCに合わせ

飯坂温泉駅前広場にお目見えした「花たまご」の前で飯坂小唄を披露する「飯坂だ●べした~ずwith木綿子」

 福島市飯坂温泉の玄関口、福島交通飯坂線・飯坂温泉駅前広場に花のオブジェ「花たまご」がお目見えし、平成27年4月2日に現地で除幕式が行われた。同温泉を訪れる観光客を花で迎え、ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)の機運を盛り上げようと、飯坂温泉観光協会が昨年に続いて企画した。

 花たまごは地元特産のラジウム玉子を題材にし、高さ約4メートル、胴回り約10メートルある。パンジーやビオラなど7種類の生花を飾った。花たまご周辺に旬の花を植えたプランターも並べる。休憩スペースもあり、DC期間中の毎週土、日曜の午前10時と午後2時の2回、各回先着50人にお茶などを振る舞う。今後、夜6時からライトアップするという。花たまごは6月中旬ごろまで設置する。
 除幕式では畠隆章飯坂温泉観光協会長と紺野正敏飯坂温泉旅館協同組合理事長らがロープを引き、花たまごを披露した。畠会長があいさつし、地元飯坂温泉の若旦那による三味線ユニット「飯坂だ●べした~ずwith木綿子(もめんこ)」が飯坂小唄を披露し会場を盛り上げた。

※●は温泉マーク

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧