ホッとニュース

  • Check

「幻のエビ」国内初展示 アクアマリン

国内で初めて展示された、オレンジ色をした3匹のツヤモロトゲエビ

 福島県いわき市のアクアマリンふくしまは24日までに、館内のオホーツク海コーナーで国内初となるツヤモロトゲエビの展示を始めた。
 同館によると、ツヤモロトゲエビはタラバエビ科で、日本には18種しかいないモロトゲエビ属の仲間。19日に北海道羅臼沖の水深800~1000メートルで採取した体長15センチほどの3匹を展示した。ゆでたエビのようなオレンジに近い体色が特徴で、日本では平成元年にオホーツク海で初めて発見された。採取が難しく「幻のエビ」と呼ばれているという。
 コーナーには、ツヤモロトゲエビと一緒に採取された体長30センチほどのオオメンダコや、大きく口を開けた姿が妖怪のようないでたちのオオグチボヤも展示している。来館者は珍しい生き物に興味深く見入っている。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧