ホッとニュース

  • Check

満天の星々村民出迎え 川内村の夜空

川内村に広がる満天の星。ペルセウス座流星群や夏を代表する星座を観察することができる=10日

 夏の大三角、天の川、ペルセウス座流星群-。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から4年5カ月。自然にあふれる川内村では、夏を代表する星座や流星が、帰省した村民を出迎える。
 村の平均標高は456メートル。高地にあり、空気が澄んでいるため天体観測に適している。
 村中心部から北に行くと、緑に囲まれた「いわなの郷」コテージがある。コテージで10日、夜に空を見上げると、満天の星が広がり、数分おきに流れ星が尾を引いた。
 星の村天文台(田村市滝根町)の大野裕明台長によると、今の時期はさそり座の近くに土星を観察できるほか、平成27年8月20日ごろまで北東の空にペルセウス座流星群を見ることもできるという。

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧