ホッとニュース

  • Check

猪苗代の「どら焼のどらや」 若松に初の支店オープン

開店した「どら焼のどらや」会津若松店

 どら焼のどらや(本社・猪苗代町、佐藤隆二社長)の会津若松店は平成27年8月18日、会津若松市一箕町亀賀字郷之原160の1に開店した。
 信金中央金庫などによる中小企業向け創業・育成&成長ファンド「しんきんの翼」の投資先第1号。同社は平成7年に創業した専門店。新鮮な生クリームたっぷりの手作りどら焼きで知られる。会津若松店は初の支店で、同ファンドと会津信用金庫の融資を活用した。
 会津若松店は建築面積197平方メートル。営業時間は午前8時~午後8時。不定休。どら焼きは生(120円)、三色(150円)、栗(160円)をはじめバナナ、キウイフルーツ、くるみ、ナッツなど、季節限定商品を含め全部で11種類がある。店内で食べることもできる。問い合わせは同店 電話0242(23)7717へ。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧