ホッとニュース

  • Check

小池さん(矢吹)最高賞 全日本短歌大会

最高賞に輝いた小池さん

 日本歌人クラブ主催の第36回全日本短歌大会で、福島県矢吹町善郷内の小池サチ子さん(76)が最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。本県からの同賞受賞は第34回大会以来、2人目。
 大会には全国から2首1組で、2352首の作品が寄せられた。小池さんの作品は「生業の工場の跡地に家たつる厨は亡夫の旋盤の位置」「煮炊きするこの厨辺は在りし日の操業の夫の指定席なりき」の2首。夫の満さん=享年(55)=が旋盤工として経営していた町工場の跡地に現在の住まいがあり、満さんの仕事場と小池さんが使う台所が重なる状況や亡き夫への思いを詠んだ。
 小池さんは18歳の時に趣味で創作活動を始めた。現在は矢吹短歌会や結社「歩道」(東京)に所属し、積極的に創作している。5年前には満さんとの思い出や家族の歴史を詠んだ歌集「夫を看取りて」を自費出版した。小池さんは「受賞を励みに人の心に残るような作品を作り続けたい」と話している。
 表彰式は9月19日に東京の明治神宮参集殿で行われる。

 主体美術協会が主催する第51回主体展の入選者が決まった。県内から福島市の大橋美保さんの絵画「FUKUSHIMA再生」が入選した。
 主体展は9月1日から16日まで東京都美術館で開かれる。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧