ホッとニュース

  • Check

大玉村訪問団首都リマ入り マチュピチュとの友好都市協定

ピスコサワーで乾杯する押山村長(左端)、サトウ会長(左から2人目)ら

【ペルー・リマで田口敏啓本宮支局長】
 ペルー・マチュピチュ村との友好都市協定締結式に出席した福島県大玉村訪問団は27日(日本時間28日)、マチュピチュ村を後にし、首都リマに入った。ペルー日系人協会、ペルー県人会との交流会に参加し、協定締結の喜びを分かち合った。
 リマ市内にあるリマ文化の遺跡「ワカ・プクヤーナ」に隣接するレストランで、押山利一村長ら訪問団と両会の役員6人が夕食を共にした。押山村長が「協定締結を機にペルーと日本の友好も深まればうれしい」とあいさつ。国頭(くにがみ)ホルへ協会長が「締結のニュースに大きな喜びを感じた」、ビクトル・サトウ県人会長が「マチュピチュ村にとっても重要な協定になるはず」とそれぞれ祝福した。
 ブドウの蒸留酒「ピスコ」を使ったペルーの国民的カクテル「ピスコサワー」で乾杯した。今後のマチュピチュ村との交流や近況などについて会話を楽しみながら懇親を深めた。
 ペルーでの公式日程を終えた訪問団は28日(日本時間29日)の夜にリマを出発。米国アトランタを経由し、30日に帰国する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧