ホッとニュース

  • Check

向山製作所(大玉)大好評 パリの菓子イベント出展

「サロン・デュ・ショコラ」に出展している向山製作所の販売ブース

 大玉村の向山製作所は28日から11月1日までパリで開かれている世界最大規模の菓子の祭典「サロン・デュ・ショコラ」に出展している。東京電力福島第一原発事故後の風評被害からの脱却などを目指し、平成24年に初出展してから4年連続となる。
 織田金也社長をはじめ社員4人がパリ入りし、現地で商品を製造しながら、日本の四季を表現した12種類の生キャラメル「DOUZE(ドゥーズ)」や3種類のキャラメルポップコーンを販売している。世界各国からの来場者に好評で、販売ブースの前はいつも買い物客らでにぎわっている。
 毎年出展するうちに仏国内でのファンの輪も広がった。会期前の23日夜にはパリ市内のイベント会場で報道関係者や著名人ら約30人を招いた「夕べ」を開催。協賛社の老舗シャンパンメーカーのシャンパーニュ・アルローからアルロー社長夫妻も出席し、織田社長と懇談した。出席者はシャンパンと向山製作所の生キャラメルを一緒に味わい、相性の良さを確認していた。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧