ホッとニュース

  • Check

申年は赤い下着で幸運に 特設コーナー売り上げ好調 郡山のうすい

うすい百貨店に設けられた赤い肌着のコーナー

 申(さる)年に赤い下着を身に着けると健康に過ごせる-という言い伝えがある。福島県郡山市のうすい百貨店にはワコールの特設コーナーが設けられ、下着全体の売り上げを前年より10%押し上げている。
 地方によって若干異なるが、一説では申を「去る」と結び付け、猿の尻の赤さから「赤い下着」を身に着けると「病が去る」「下の世話にならない」などといわれている。12年前もブームになったが、今回はさらに人気が高まっている。
 ワコールでは「申赤(サルアカ)」の名称で、さまざまな種類を用意した。中には売り切れ状態の商品も出ている。担当者は「赤い下着を身に着け、幸運をまとってください」とPRしている。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧