ホッとニュース

  • Check

復興祈る歓喜の歌 福島で「第九」演奏会

出演者約300人が復興の祈りを歌と演奏に込めた「第九」等の演奏会

 東日本大震災復興支援「第九」等の演奏会は12月27日、福島市の県文化センターで開かれ、約300人が古里の再生を願い見事な旋律を響かせた。
 ふくしま「第九」の会の主催、県、県教委、飯舘村、村教委、福島民報社などの後援。震災から丸5年を前に、平成17年から10年ぶりに演奏会を開いた。
 三部構成で第三部のベートーベン作曲「交響曲第九番」第四楽章「歓喜の歌」では、国内外で活躍する県内出身のソリスト4人、福島高合唱部、会津「第九」の会、福島、橘両高の管弦楽団などの約300人が共演した。東京ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団常任指揮者の佐藤宏之さん(福島市出身)が指揮を務めた。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧