ホッとニュース

  • Check

夫婦で樹木医 互いに研さん「地域に貢献」 若松の橋本雅夫・尚子さん県内初

樹木医として地域貢献を誓う橋本雅夫さん・尚子さん夫婦

 会津若松市の橋本造園に夫婦の「樹木医」が誕生した。平成26年に合格した橋本造園代表で夫の橋本雅夫さん(42)に続き、妻の尚子さん(34)が昨年の試験に合格し、21日に県庁で認定証を受ける。県樹木医会によると、夫婦で樹木医の認定を受けるのは県内初だという。
 樹木医は樹木の管理や病気の治療、後継樹の育成などを行う専門家の資格で、日本緑化センターが認定している。2人は26年に仙台市で行われた樹木医認定試験の会場で約7年ぶりに再会し、意気投合、昨年結婚した。尚子さんは今月から橋本造園に入社し、夫婦で働いている。
 雅夫さんは「樹木医として勉強することがまだたくさんある。診断に悩んだときは妻と相談し、より良い判断をしたい」と語った。現在は個人の顧客の相談を受けているが、将来は街路樹や鶴ケ城など観光名所の樹木を診断・保護し、地元に貢献したいと考えている。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧