ホッとニュース

  • Check

人気玩具「顔ハメのフチ子」本県オリジナル版作製 県県中地方振興局など

本県オリジナルバーションの「顔ハメのフチ子」

 ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)を継承し4月に始まるアフターDCを盛り上げようと、県県中地方振興局などは若者に人気の玩具「コップのフチ子」の新シリーズ「顔ハメのフチ子」の本県オリジナル版を作製した。
 観光地に設置してあるような顔ハメ看板にフチ子がぶら下がり、顔を出している手のひらサイズの玩具。看板部分には県内の伝統工芸品の三春駒、白河だるま、土湯こけし、温泉、日本酒が描かれている。顔ハメ看板絵師のタバタ画房三代目さんがイラストを担当した。
 県中地域の広域観光を推進する「ふくしまど真ん中!元気プロジェクト」の一環。同振興局は顔ハメのフチ子を県中地域の団体を対象に無料で贈り、アフターDCの盛り上げに活用してもらう。1事業につき24個が目安で、希望団体からの申請に基づき贈呈先を決定する。問い合わせは同振興局企画商工部 電話024(935)1323へ。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧