ホッとニュース

  • Check

息のむ幽玄の世界 鶴ケ城・あいづ雪灯し

鶴ケ城二の丸で始まった「あいづ雪灯し」

 会津若松市は6日、市内鶴ケ城二の丸で発光ダイオード(LED)を使ったイルミネーション「幽玄の『あいづ雪灯(あか)し』」を始めた。
 11日から13日まで市内各地で繰り広げる会津絵ろうそくまつりを盛り上げようと企画した。5000個の青いLEDを散りばめた木々と石垣の対照的な風情に、市民が足を止めて見入っている。市観光課は「雪が積もり、絵ろうそくがともされると、さらに幻想的になりそう」と話している。
 点灯は14日までで、時間は午後5時半から同9時まで。

カテゴリー:きれい

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧