ホッとニュース

  • Check

小野高が6次化商品開発 「一笑漬ドレッシング」など

地元食材を活用した6次化商品をPRする小野高生

 小野町の小野高は町の食の魅力をアピールする6次化商品4種類を開発した。発表会は17日、同校で開かれ、大和田昭町長、東京農大名誉教授で名誉町民の小泉武夫さん(同町出身)ら関係者約30人が試食した。
 地元の「一升漬け」を活用した「一笑漬(いっしょうづけ)ドレッシング」とミネラル野菜を使用した「ミネラルトマトうどん」、一升漬けや桜の塩漬けをあんにした菓子「一笑(いっしょう)いっパイ」、地元産の米粉を使った「エゴマ入り米粉パン」を町の依頼を受けて開発した。
 ドレッシングとうどん、パイは家庭クラブ、米粉パンは農業クラブが担当。パッケージデザインや商標登録はビジネス系列の生徒が手掛けた。商品は地元事業者の協力を得て販売する予定。
 同校家庭クラブ会長の西牧楓さん(3年)は「高校生が元気に活動し、町や福島県を元気づけたい」と話した。試食した小泉さんは「うどんはすぐに評判になるほどの出来栄えだ」などと語り、他の商品についても助言していた。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧