ホッとニュース

  • Check

鮫川給食センター知事賞 第1回ふくしま地産地消大賞

鮫川村学校給食センターの給食を食べる鮫川小の児童ら

 地産地消の推進に積極的に取り組む団体や個人を表彰する第1回ふくしま地産地消大賞の最高賞・知事賞に鮫川村学校給食センターが選ばれた。県が22日発表した。
 県が地産地消の活動を推進する目的で創設した。鮫川村学校給食センターは旬の農産物を使った給食作りを心掛け、平成26年度の学校給食の県産農産物活用率が65・4%と高い水準を誇っている。県産農産物を生かしたオリジナルメニューの開発などにも積極的に取り組んでいる。
 大賞には51の個人・団体から応募があった。2日に開催した審査委員会で「地域資源の活用」「創意工夫」「継続性・将来性」などを基準に選考した。
 表彰式は3月下旬に福島市で行われる予定。分野別の優秀賞受賞個人・団体は次の通り。
 ▽県産食材、再生可能エネルギー(農業)=とまとランドいわき(いわき)
 ▽県産食材(六次化)=山際博美山際食彩工房社長(会津若松)
 ▽再生可能エネルギー(地域づくり)=元気アップつちゆ(福島)
 ▽県産食材(旅館業)=栄楽館ホテル華の湯(郡山)

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧