ホッとニュース

  • Check

県内初 女性騎手に挑戦 芳賀天南さん(須賀川出身)

入学式を前に意欲を燃やす芳賀さん

 須賀川市出身の芳賀天南(かな)さん(15)が日本中央競馬会(JRA)競馬学校騎手課程35期生として4月5日の入学式に臨む。県内出身の女性が騎手課程に進むのは初めて。3月にデビューした藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本=に続くJRA8人目の女性騎手を目指す。
 昨年3月の乗馬クラブでの無料体験を契機に運命が変わった。馬に触れたこともなかったが魅了された。本格的に乗りたいとの思いが募り、競馬学校受験を決心した。
 乗馬経験がほとんどないまま7月の1次試験に合格。週末に千葉の乗馬スクールに通った。母亜矢さん(38)の運転で金曜深夜に出発し、日曜深夜に帰宅する生活を繰り返した。「やると決めたら絶対に譲らない子」と亜矢さん。1次試験後に頭を丸刈りにした。「男子に負けたくない」と気合を入れた。
 10月の実技を伴う2次試験を前に落馬で右手を捻挫したが、「初めて落馬して落ち着いた」と逆境をはねつけて朗報を手にした。より充実した練習環境を求め、12月に須賀川市の西袋中から千葉県の中学校へ転校した。
 身長145センチと小柄だが西袋中では中体連岩瀬支部陸上競技大会100メートルを3連覇し、バスケットボール部主将も務めた。
 目標としている藤田騎手も「芳賀さんはかっこいい女の子。自分に続く人がいるのはうれしい。一緒に乗れるのを楽しみにしている」とエールを送る。
 芳賀さんは「同期で女子は自分だけ。体力差はあると思うが負けたくない」と闘志を燃やす。順調に進めば騎手デビューは3年後だ。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧